トップ / 築年数の古い賃貸がお得

築年数の古い賃貸がお得

賃貸の探し方とは

気の弱い人が賃貸を上手に探す

賃貸を借りる際に大事なのは、きちんと下調べを念入りに行うことです。探している途中で仮に面倒に感じたとしても、契約をしてしまったあとでは基本的に取り消しはできません。ですから、契約前にしっかりと確認をして、あなたが本当に納得のできる賃貸を見つけるために実際に行動に移していきましょう。気の弱い人にありがちなのが質問があってのいえずに飲み込んでしまうこと、これだけは避けてください。わからない部分があれば営業マンに尋ねるのがポイントです。

工務店,そうじ

賃貸契約の時に支払う敷金

賃貸契約を正式に結ぶ時に用意する初期費用の中に、敷金という名目のお金があります。この敷金は、契約上の担保金として大家さんが借り手から預かるお金で、一般的には家賃の2か月分とされています。賃貸契約の担保金としての敷金は、民法の中でもその位置づけがはっきり示されています。敷金で担保する内容は、家賃の未納分と原状回復費用です。原状回復というのは、その物件から退去する時に故意や過失でできた汚れなどについては自己負担で修繕するという借り手の義務です。この費用を敷金から充当後、残金があれば返還されるのが一般的です。

↑PAGE TOP

© Copyright 工務店で消費電力対策も. All rights reserved.